HISTORY

1/15

 アパレルやグラフィック、インテリアなどのデザインを手掛けて来たK.R.C.japan(2001年~)は、2011年カーセクション『KRCmodified』を発足。 

 【改革の風を 子どもたちに夢を 東北が元気を】のスローガンを掲げ翌2012年にカスタムカー業界に参入、初めてその姿を現すこととなる。

 

セオリー無視の奇抜なデザインでありながらもトレンドを抑え、国内外で数々のアワードを獲得している"NOB"  こと "KRC の筒井デザイン"  

既成概念に捉われない個性の追求が功を成し、わずかな月日でKRCの名を世界にまで広めるに至った。

 

そんなKRCの初舞台となった大阪オートメッセ2012において、弊社初のデモカーであるRX-7 "閃(HIRAMEKI)"を発表。

600台近いエントリー車輌の中、見事、総合グランプリを獲得するという鮮烈なデビューを果たす。

 

翌年には東京オートサロン2013にも出展し、閃とその兄弟機であるRX-7 02R "絶影(ZETSUEI)"を早くも発表。

続く大阪オートメッセ2013では、それら2台がダブルアワードを受賞するなどその勢いはとどまることなく、翌年の2014年には新型機であるRX-7 03X "帝(MIKADO)"を発表。

地元、大阪オートメッセでは3年連続の入賞を果たした。

 

ジャンルにカテゴライズされないその斬新で独創的なデザイン性は、2018年現在も賛否両論の波紋を生み "異端児"と呼ばれる存在ともなったが、同時に多方面より高く評価され、

アメリカやアジア数カ国からの出展オファーを受けるまでにもなり、これら海外での評価を機にアメリカでの「FF7』公開記念イベントをはじめ、

ワイルドスピードでお馴染みのレースウォーズや活躍の舞台を一気に世界に広げ、SEMA2015においては、KRC RX-7 02タイプエアロを纏ったV8エンジン搭載型の"02D"を発表している。

 

世界最大のカーショーSEMAshowへの出展は2017年には早くも5度目を終え、同年のアメリカではあのWekfestとSFオートサロンで2台のRX-7がダブルアワードを獲得するなど、

わずか5年足らずの間に世界で数々の実績を収めている。

 

海外を絡めた派手なプロモーションでスポーツカーの印象が強いKRCだが、同時にジャンルを問わず、様々な車種のマスターピースの開発及び製作も行なって来た。

それらで培ったデザイン力と技術力を身近なファミリーカーをはじめ、旧車と呼ぶまでには至らない年式の車輌など"決してスーパーでは無い存在へのリノベーション"にも着手。

 

現在もストリートで現役である当時の車輌には当時のエアロパーツしか存在しないことに着目し、現代の感覚でデザインの再構築をするなどの製品開発も精力的に行なっている。

なかでも"街ノリ戦闘スタイル"と称されたKRCの独創的エアロと特殊塗装による

"近未来スラム" を世界観にトータルコーディネートされたユーザーカーもまた、数々のイベントや国内外のメディアから注目を浴びている。

 

車やカスタムに詳しいエンドユーザーだけでなく、クルマ離れが進む現状にあって、カスタムカー業界に関心を持たない人達にも感じていただきやすいカスタムでアプローチし 

"カスタム業界のワクワクから日本の元気を伝えて行きたい!"と日々工夫と努力を重ねている。  

 DESIGNER'S PROFILE 

​Nobutaka Tsutsui

筒井 宣尚

(デザイナー兼K.R.C japan代表取締役)

1972年8月出生。

幼少期から中世の世界観に興味を持ち空想画を描くなどの美術的才を発揮。

17歳から音楽に興味を抱き、19歳で自身が核となるビジュアル系バンドVoluptuousを結成。初ライブで怪我人を出すなど、過激で派手なスタートとなる。

 

メンバー全てのスタイリングから始まり、詞や曲、演出に至るまでをも全て担当し、その世界観はすぐさま結果として現れ、結成一年足らずで

大阪、東京、名古屋とその名は全国的に轟き、1993年のワンマンライブでは、300人を超える動員を見せ、大阪での人気は不動のものとなる。

 

1993年~1995年には、当時のソニーやビクターから発売のオムニバスCD数枚に参加し、名だたる著名なミュージシャンと共に名を連ね、

その代表曲が収録されている。

数々のレーベルとの話も上がったが、自由奔放に活動するその姿勢から、突如活動を休止してしまう。

 

その翌年、ジャンルを変えた曲と姿で、ラウド系のバンド4DrassMonkeysを結成。

人気を求めるバンドではなく、本当にやりたかった曲を表現したいという動機から、

その当時の日本ではまだ聴き慣れないエモーショナルなボーカルスタイルで音源BLAZE to oneselfを残しているが、一般販売はしていない。

このアルバムに関しても、海外絡みのオファーがあったがそれらを辞退。事実上、音楽業界を引退することとなる。

そのアルバムBlaze to oneselfに収録されている最後の曲K.R.Cを自分自身への遺言とし、一度は芸術や音楽の業界から離れるが、その数年後、たった3万円の資本金で2001年8月、

KINDRED COMPANY(K.R.C)を設立し、再びアーティストとしての道を歩み始める。(後に資本金300万円で法人化)

プリミティブなスタイルのジュエリーをネイチャーコアと命名し、製作販売を始め、数々のジュエリー雑誌に掲載されたKRC ORIENTALや、NEMESIS等のシルバージュエリーのデザイン製作も

自社にて行い、同時期にアパレル業にも事業拡大し、自社ブランドGODSELECT33と、NEMESISを発信、ミュージシャンや芸人、タレント、格闘家、AV女優などのモニター協力も得て、

数々のメディアにも露出。

 

2009年よりインテリア事業に参入し始め、数々の家具等のデザインを担当し、海外にて製作、輸入販売を行なってきた。後のJ’s CASAである。

また、3年間中国へも通い、その思想や芸術文化を学んだことが、デザインにもフィードバックされている。

そしてそのデザインは車輌にまで及び、趣味で外装デザイン製作を行い、個人規模での依頼を受けていたのだが、3.11東日本大震災を機に正式に車輌部門KRCmodifiedを発足させることを決意。

 

『改革の風を 子どもたちに夢を 東北が元気を』

 

のスローガンを掲げ、デザインからその製作に至るまでを自社にて行い、当社初のデモカー”閃(HIRAMEKI)“が誕生する。

大阪オートメッセ2012において、初出展で見事総合グランプリを受賞するなど、そこでも特異な才能を発揮している。その賞金を東北の義援金に充てるなどの支援活動も行っている。

そして東京オートサロン2013において、完成形となった閃と、その兄弟機である”絶影(ZETSUEI)”を発表。翌月の大阪オートメッセ2013では、その2台がダブルアワードを達成するなど、

その人気に拍車がかかる実績を残した。それを機に、Nobutaka Tsutsuiによるその異端で斬新なデザイン性が多方面より高く評価され、海外数カ国からの出展オファーを始め、アプリなど

IT関連のカーデザインも手掛けている。

 

KRC JAPAN

​KRC japan / KRC modified

072-805-0829

日本大阪府枚方市堂山2-8-18

 © 2018 K.R.C japan ALL RIGHTS RESERVED.